脱毛方式には種類があります

ELT脱毛

モデル

ELT脱毛とは、電流を専用のごく細い針に毛穴にさして流して、毛母細胞の機能を死滅させる方法を言います。専門のごく細いステンレスの針を毛穴に差し込み、毛根を破壊するという医療行為を施すので、エステでは行われていません。医療用エステのみで行われています。乾電池は+と?とを合わせると電気が流れます。ELT脱毛は、この乾電池につないだ時に豆電球が光る原理を応用しています。

 

ステンレスは、他の種類の金属と比べると抵抗値が大きいため、なかなか電気を通さずにエネルギーがたまります。このたまった熱を発熱する時の熱をジュール熱と言います。このジュール熱を利用することによって、毛根を破壊し、毛が生る機能を喰い止めます。

 

針を一本、一本、毛根に差し込むので、施術範囲は狭められてます。レーザーなど光を利用した施術ではなかなか届かない箇所の施術に向いています。よって、脇やデリケートゾーンや眉などに施術されることが多いようです。痛みを心配される方もいますが、デリケートゾーンなどより痛みを伴う箇所は、局部麻酔をして施術を行いますので、心配し過ぎる事もないでしょう。施術後は、良く冷やし、日焼けしないようにケアをすることおすすめします。また、日焼けした後に施術を行う事もおすすめできません。色素が弱っており、脱毛効果も薄くなり、肌トラブルも起こしやすいです。多少の痛みは伴うのはディメリットですが、完全に永久脱毛でき、丁寧に仕上がるので、あえてこの施術で行う方もいらっしゃるようです。

 

熊本で脱毛するなら→ミュゼ熊本

フラッシュ脱毛

モデル

フラッシュ脱毛とは、I(インテンス)・P(パルス)・L(ライト)の略語でという光エネルギーを利用した脱毛方法のことです。ですからIPL脱毛とも呼ばれます。インテンス・パルス・ライトは、 カメラのフラッシュのように、一瞬の当てることで、肌に高温の熱を与えず、毛根にのみまた広範囲に光のエネルギーを当てるので、他の脱毛法に比べ、痛みも殆どなく、肌トラブルも少ない施術方法です。

 

ただ、毛根は死滅しているものの完璧な永久脱毛ではないので、人によってはまた生えて来てしまうケースもあるようです。ですからフラッシュ脱毛を施すには、より効果をもたらすために、日焼けはしないようにすることです。肌が黒くなってしまいますと、フラッシュを当てた際に黒くなってしまい、効果も半減するようです。美白の肌を保つ事がコツと言えそうです。また、保湿をしっかりと保って下さい。保湿を保つ事はどんな脱毛施術方法を取り入れるにせよ必要なケアであります。

 

また、毛周期に合わせて通われる事です。脱毛の施術は現在に生えている毛にしか効果はありません。したがって毛周期に合わせて通う事によって、毛が生えにくい効果が得られるのです。毛周期は、ご自身の生理周期に合わせればいいかと思われます。生理周期はご自身の体調のバロメーターになるので、それに沿えば毛周期に合わせた形になります。フラッシュ脱毛は、低価格で出来て痛みも他の方法に比べて少ないので、最も取り入れられているエステ方法です。ただ完璧な永久脱毛ではないので、カウンセリングを受けてご自身の毛質、毛量を理解して、検討される事をおすすめします。